暴風雨 憧れの同級生と二人だけの夜 ましろ杏

×

動画の続きを見る

暴風雨 憧れの同級生と二人だけの夜 ましろ杏

30歳独身の僕は大型台風が直撃したこの日、激しい雨に外出を諦めて宅配弁当を頼むことにした。チャイムが鳴り玄関を開けると、●校時代の憧れの同級生・杏がびしょ濡れの状態で立っていた。久しぶりの再会を喜んだ僕は、雨風も酷かったため杏を雨宿りさせることにした。●校時代の話でいい雰囲気になり、僕は杏の変わらない美しさと、濡れ透けた下着、露わになるボディラインに密かに抱いていた想いを抑えきれずに…。

動画の続きを見る